7月10日(土) | オンライン酒蔵訪問

【オンライン蔵訪問】北の大地で新たな酒造りに挑む三千櫻酒造を訪ね、道産米の純米吟醸酒を飲み比べ

明治10年(1877年)より岐阜県中津川の地で丁寧なお酒造りに真摯に取り組んでこられた三千櫻の蔵元さんが、創業143年目にして遥か北の大地、北海道は旭川郊外にある美味しい水と米を生み出す東川というところに昨年の春から秋にかけて引っ越しされました。 その話が報じられた際には、全国の日本酒ファンの間で驚きの声が上がりましたが、新天地の厳しい冬での初めての酒造りを終えられ、その果敢な挑戦が老舗蔵の歴史に新たな一歩を築きました。 今回は、そんな三千櫻酒造さんにZoomを使ったオンラインで訪問し、北海道産の酒米を使って仕込んだ2種類の純米吟醸酒を、社長の山田耕司さんとともに楽しみます。
お申し込みの受付は終了しました。
【オンライン蔵訪問】北の大地で新たな酒造りに挑む三千櫻酒造を訪ね、道産米の純米吟醸酒を飲み比べ

日時・場所

7月10日 17:00 – 19:30
オンライン酒蔵訪問

イベントについて

【オンライン蔵訪問】北の大地で新たな酒造りに挑む三千櫻酒造を訪ね、道産米の純米吟醸酒を飲み比べ

明治10年(1877年)より岐阜県中津川の地で丁寧なお酒造りに真摯に取り組んでこられた三千櫻の蔵元さんが、創業143年目にして遥か北の大地、北海道は旭川郊外にある美味しい水と米を生み出す東川というところに昨年の春から秋にかけて引っ越しされました。

その話が報じられた際には、全国の日本酒ファンの間で驚きの声が上がりましたが、新天地の厳しい冬での初めての酒造りを終えられ、その果敢な挑戦が老舗蔵の歴史に新たな一歩を築きました。

今回は、そんな三千櫻酒造さんにZoomを使ったオンラインで訪問し、北海道産の酒米を使って仕込んだ2種類の純米吟醸酒を、社長の山田耕司さんとともに楽しみます。山田さんからは、蔵の歴史や移転を決断された経緯、新しい環境での酒造りの感想や今後に向けた抱負なども語っていただきます。

なお、当日は、蔵人応援団員から初めての蔵人となった末永一さんにもお話しいただく予定です。

開催概要

日時:2021年7月10日(土)17時~19時半

会場:オンライン(Zoom; 開催前日までに参加申込者にURLをお送りいたします)

定員: 先着25名

内容:

・オンライン蔵見学と交流会(山田社長からのトピック:お酒の説明、蔵の歴史、初シーズンの感想、ほか)

・純米吟醸酒飲み比べセット 各720ml(彗星55、きたしずく55)

*参加者には蔵元さんより上記2種類のお酒(720ml各1本)を直送いたします。

*恐れ入りますが、肴(おつまみ)は各自でご用意ください。

ご参考:

お酒によく合いそうな肴の例(イベント用セットには含まれていませんのでご注意ください)

・彗星55には: 白身魚のお刺身、蛸の胡瓜の酢の物

・きたしずく55には:サバの味噌煮、タレ焼き鳥など

参加費: (事前の銀行振込をお願いいたします)

・蔵人応援団団員(会員) 5,000円

・一般(非団員/会員)  6,000円

*遠隔地へのお届けの場合は割増送料の差額分が別途かかります。

*割増送料差額分

┗九州    400円

┗沖縄  1,000円

参加申込締切: 2021年6月26日(土)17時 *参加費お振込の確認をもち申込受付完了とさせていただきます。

参加申込方法:

◆当ページのフォームよりお申し込みください。

*参加費のお振込み確認をもち、申込受付完了といたします。

◆参加費は、下記の口座にお振込をお願いいたします。

【イベント参加費お預かり口座】

ゆうちょ銀行(金融機関コード:9900)

店番     018  (店名「〇一八」)

普通預金   8976453

口座名義   トクヒ)クラビトオウエンダン

(恐れ入りますが振込手数料はご負担ください)

お申し込みの受付は終了しました。

このイベントをシェア

kurabitosupporters_logo(白).png

 NPO法人

蔵人応援団

日本酒の復興を支える仲間とともに