6月03日(木) | 文京区

<中止のお知らせ>【コロナに打ち克つ!】夏酒に親しむ初夏の宵

参加お申込みの皆さまへ 誠に残念なことですが、飲食を伴う営業が事実上禁じられた三度目の緊急事態宣言の再延長を受け、当イベントを中止させていただくことといたします。 どうかご理解のほど、お願いいたします。
お申し込みの受付は終了しました。
<中止のお知らせ>【コロナに打ち克つ!】夏酒に親しむ初夏の宵

日時・場所

6月03日 18:30 – 21:00
文京区, 日本、〒113-0034 東京都文京区湯島3丁目9−11 Mビル 旧 増田ビル) 1F

イベントについて

【コロナに打ち克つ!】夏酒に親しむ初夏の宵

昔から「百薬の長」とされ、季節を問わず愛飲されてきた日本酒。ここ数十年は敬遠されがちで、特に夏場の飲み物としてはイメージされることが少なかったなか、ここにきて俄かに脚光を浴びつつあります。

何と!コロナ対策にも有効かもしれないという希望の兆しが見えてきたのです。(*)

そんな日本酒に夏にも親しみ、コロナに負けない元気あふれる毎日を過ごすきっかけにしていただきたいとの思いから、この季節にふさわしい酒質のお酒を楽しむ機会を設けます。

SAKE DIPLOMA保持者で蔵人応援団副団長の對間副理事長が選ぶ夏酒を飲み比べていただくほか、肝臓の強い人には店主自慢の土佐酒や焼酎、ビールなど、お店の提供するアルコールもお好きなだけ飲み放題です。(ただし飲みすぎにご注意を(笑))

爽やかな初夏の宵を至福のひとときにしましょう!

*)以前からいくつかの機関から可能性が指摘されていましたが、長崎大学が先般発表した研究結果によると、あらゆる生命体の細胞の中で作り出され、特に日本酒や納豆などの発酵食品に多く含まれている天然のアミノ酸「5-アミノレブリン酸」が、新型コロナウイルスの抗原「SARSーCoVー2」の増殖を100%阻害したとのことです。今後、新型コロナ患者への治療や予防にも活用されることが期待されています。

国際誌:Biochemical and Biophysical Research Communications

論文:『5-amino levulinic acid inhibits SARS-CoV-2 infectionin vitro』

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0006291X2100156X

開催概要

日時:2021年6月3日(木)18時半~21時

   (*いつもの定例会より早く開始します) 

会場:ビストログラッソ

   〒113-0034 東京都文京区湯島3丁目9−11 増田ビル 1F

   電話:03-3835-1184

   https://www.google.com/maps/place/GRASSO/@35.703769,139.769574,15z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0xc7af95e0713124f2!8m2!3d35.703769!4d139.769574?hl=ja

定員: 先着8名

参加費: (事前の銀行振込をお願いいたします)

・蔵人応援団団員(会員) 6,000円

当日の現金払いの場合は、6,500円とさせて頂きます。

・一般(非団員/会員) 7,000円

当日の現金払いの場合は、7,500円とさせて頂きます。

◆参加費は、下記の口座にお振込をお願いいたします。

【イベント参加費お預かり口座】

ゆうちょ銀行(金融機関コード:9900)

店番     018  (店名「〇一八」)

普通預金   8976453

口座名義   トクヒ)クラビトオウエンダン

(恐れ入りますが振込手数料はご負担ください)

お申し込みの受付は終了しました。

このイベントをシェア

kurabitosupporters_logo(白).png

 NPO法人

蔵人応援団

日本酒の復興を支える仲間とともに