​イベント開催報告

◆【12月定例会・望年会「2020年大河ドラマ『麒麟がくる』の舞台 丹波福知山の銘酒を知ろう」】◆

2019年12月5日(木)19時~22時頃まで、桐村理事長以下、東和酒造の今田杜氏を含め14名の参加を得て、
恵比寿の「とりなご」さんにて、今回は新メンバーも加わり、盛会に開催致しました。

まずは、桐村理事長開会の挨拶と、来年のNHK大河ドラマ「麒麟が来る」の舞台である、京都府福知山市の酒蔵の東和酒造有限会社の
女性杜氏、今川 純氏の紹介からの乾杯となりました。

今川氏からは、日本酒造りにかける想いとこだわり、そして数年間酒造りが途絶えて廃業も考えていたところから自らの意思で蔵に戻り、

子育てと並行しながら見事に復活を遂げられたという、同蔵の沿革等を解説頂きました。


料理は、以下の通り。

・先付(鶏ささ身の炙り)
・もろきゅう、
・鴨、鶏の刺身(たたき)
・鴨皮のポン酢
・鴨と鶏の焼き鳥(たれ)
・鴨しゃぶ鍋
・〆のラーメン

日本酒は、以下の通り。(順不同)
※東和酒造の福知三萬二千石、六歓

・搾りたて原酒(乾杯)(四合瓶)
・福知三萬二千石 純米大吟醸(四合瓶)
・六歓 はな 無濾過生貯蔵酒(一升瓶) 
・六歓 あお 山廃純米吟醸酒(一升瓶) 

 

New Faceの方も含め、大いに飲み食べ、懇親を深め、一本締めにてお開きとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 


次回は、2020年1月15日(水)19時30分スタートにて、令和2年新年会を神田駅北口の「サケラバ」さんにて開催を予定し、

次回定例会は、2020年2月6日(木)19時30分スタートにて、門前仲町の「おはしKitchen」さんにて開催を予定しております。

奮っての御参加をお待ち申し上げます。

文責 副理事長 對間勝己

 NPO法人

蔵人応援団

日本酒の復興を支える仲間とともに

  • Facebookアイコン

© 2018-2019 特定非営利活動法人蔵人応援団